大峯山・天河大辨財天社 聖地巡礼の旅

第10回 天川・大峯修験ワークショップ 満員御礼!募集は締切ました

参加者の声はこちら


修験道を語るには、大峯を知らずして語れません。

修験道の根本道場といわれる大峯修験のワークショップです。

一般の方にも修験道の素晴らしさ面白さを体験してしていただくために

毎年、現地のみなさま、神社仏閣にご協力をいただき充実したプログラムを提供させて戴いております。

今年は10年目となる区切りの年に新元号元年と重なりました。

 

実習地の大峯は天川村といって、奈良県吉野と和歌山高野山の中間にある山岳地域です。

役行者、八大龍王、大峯山龍泉寺、天河大辨財天社など、聖地として様々な伝説を有する土地柄でもあります。

 

天川村は名水の里、洞川温泉もあります。水が美味しい場所は食事も美味しい。

この時期の天川村洞川温泉は、川のせせらぎとカジカガエルの声、ほら貝の音がBGMです。

夜になるとずらりと並んだ昔懐かしい和の宿に、オレンジ色の提灯ランプがともり

何処の宿からもたくさんの行者さんの笑い声が響き、タイムスリップしたような気分になります。

「古き良き日本」というものが、現在進行形で存在しています。

 

洞川温泉は今も修験道が生きており、行者さん(山伏)を中心にすべてが回っている場所といっても過言ではありません。

女人禁制の山がありながら、女性行者(山伏)を今も昔も受け止めてきた場所でもあります。

 

3日間のご案内は

大峯山龍泉寺修験僧・正大先達である峯龍(ほうりゅう)

大峯山龍泉寺大先達の静果が同行いたします。

他に女性先達も数名おり、女性一人でも安心して参加できるワークショップとなっています。

男性も女性もご縁のある方の参加をお待ちしております。

 

令和年7月13日(土)~15日(月祝)二泊三日(現地集合・現地解散)

参加費:29,800円

宿泊費:23,000円(洞川温泉 あたらしや旅館)

集合:Aプラン 13日(土)12:00 洞川温泉 あたらしや旅館(荷物を置いて各自昼食等)

   Bプラン 13日(土)13:20 奈良交通バス「天川川合バス停」下車。

解散:15日(月祝)10:30 現地解散

※現地までの交通手段などご相談にのりますので、お気軽にご連絡ください。

※集合について ABいずれも、近鉄吉野線「下市口駅」から奈良交通バス「洞川温泉行き」乗車。

※バス時刻 下市口発1020発。1220発。洞川温泉までは約1時間20分、天川川合までは約1時間乗車。